八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/10/13 12:21|未分類TB:0CM:0
今朝七時に家を出て、母親の介護に行ってきた。 途中、知り合いにあってチョットお茶をして帰ってきたので、ブログの配信が遅くなり失礼しました。 片道6キロの道のりを、ジョギングしながら母親の介護に出かけるようになってから、何年になるだろう… 母親をディサービスに送り出し、帰ってくる道は、天気のいい日はとても気持ちよく、生きている幸せを感じる。 金木犀の香りが、どこからともなく匂ってきて、「秋だなぁ~」と、しみじみ感じる。 金木犀は九里香といって、九里先からでも香るので、その名がついたそうだ。 帰る途中に大きな柿の木があって、オレンジ色に染まった柿の実が「早く食べてくれ」と囁いてくる。 その家はいつも、柿の実を上のほうだけ30個ほど残して収穫する。 冬になると葉っぱも落ち、熟した実だけが残る。 それが道に落ちると、「ベチョ」とした感じで汚い。 なぜ全部採らないのだろうと、いつも不思議に思っていたら、先日その疑問が解けた。 皆さんは「布施柿・余し柿」という言葉をご存知だろうか。 冬になると、小鳥たちの食べ物がなくなってしまうので、小鳥たちへのプレゼントに残しておく柿のことなのだそうだ。 現代人は、自分だけのことしか考えない「自己中」の人が多くなってしまった。 独り占めをするのではなく、小鳥たちとも分け合っていただく「布施柿・余し柿」の話は、今、世界中で一番必要なことなのかもしれない。 「奪い合えば足りない」「分け合えば余る」そんな教えを忘れていた自分がいた…      合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/860-3c217ef6

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。