八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/10/22 08:51|未分類TB:0CM:0
きのうブログに書かせていただいた、南田洋子さん(76)が午前10時56分、くも膜下出血のため都内の病院で逝去された。 夫の、長門裕之さん(75)は明治座に出演中だったので、最後の瞬間に立ち会うことはできなかった。 長門さんは、「最後(17日)、彼女が指をきつく握ってくれた“痛さ”はいい思い出になる。今思えば、これが最後の意思表示でした」と涙をこらえながら語ったそうだ。 葬儀は氷で遺体を保管し、舞台が終わったあとに告別式をするようだ。 自分も祖母がなくなったとき、明治座に出演中で、葬儀には出席できなかった思い出がある。 我々兄弟は、父が早く亡くなり、母が働いていたので、茂々枝ばあちゃんに育ててもらった。 ばあちゃん子だっただけに、葬儀に出席できなかったのは辛かった。 舞台では、お客さんを笑わせるシーンがあったので、役者というのは二重人格でないと出来ないと思った。 長門さんは何を思い舞台に立っているのだろう… これまで、「南田さんを画面に出しすぎだ」とか、「あんな姿を見せないでくれ」とか、「売名の為に妻を使うな」などと、長門さんは言われてきた。 確かに、美人女優が老いてボケた姿をさらけ出すというのは、忍びない。 人間、誰しも「カッコ良く」「美しいまま」「いいイメージで」逝きたいものだ。 しかし、それも、これも人生なのだ。 生きることに必死であれば、人に聞いてもらいたいこともある。 長門さんは、そうして耐え忍んだのだと思いたい。 南田さんのご冥福を心より祈る…     合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/867-fc3cc433

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。