八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/10/30 08:45|未分類TB:0CM:0
百年に一度の経済危機は、テレビ業界も大きく変えようとしている。 一般の人も感じていると思うが、最近のテレビはつまらない。 同じタレントを使い、同じような番組ばかりで、見るものがない。 テレビ局の人たちは、「とにかく安くできる番組を…」とだけ、考えている。 だから、つまらない番組になってしまう。 しかし、このことは、自分で自分の首を絞めていることを、知るべきだ。 今までは、視聴率さえ取っていれば番組が終わることはなかった。 ところが、経済危機でスポンサーが降りてしまい、視聴率など関係なくなってしまった。 逆に、スポンサーさえ付けば、視聴率は関係なく番組として成立する。 見るものが無くなった人たちは、専門チャンネルに流れていくようになるだろう。 見たい番組を見る、そんな時代になるのではないか。 何となくテレビがついている時代は終わったのだ。 自分は最近、NHKの番組ばかり見ている。 山が好きな自分は、ハイビジョンの「日本の名峰」なる番組で、癒されている。 さらに、NHKの教育では、「もう一度見たい教育テレビ」で、森繁久弥・杉村春子の対談や、司馬遼太郎の講話など二度と見られない番組を放送している。 本物はいつまでも残るのだ。 これからは、おそらく、インターネットテレビなどが幅を利かせてくるだろう。 経済危機が、視聴者の意識を変えてしまった。 もしかすると、つぶれる放送局も出てくるかもしれない。 自分たちが生きてきたテレビは、10年後はどうなっているだろうか… テレビもチェンジの時代に入っている。     合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/873-d6a79ec8

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。