八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/11/06 07:26|未分類TB:0CM:0
いや~、きのうのワールドシリーズMVP松井秀喜は凄かった! 4打数、3安打、6打点、1ホームラン。 ヤンキース・スタジアムの観客から、「マツイ・マツイ」とMVPを要求するコールが合唱されたときは、日本人として鼻が高かった。 しかし、日本人として一番嬉しかったのは、ヒットを打った後の松井の態度だ。 おそらく、ほとんどの選手は、2塁ベース上でガッツポーズをとっていただろう。 ところが、松井は表情一つ崩さず淡々としていた。 まさに「得意淡然・失意泰然」を地でいっていた。 この「得意淡然・失意泰然」は、「上手くいっているとき(得意)には、飛んだり跳ねたり、はしゃいだりせず、淡々としていなさい。失敗した時には、泣いたり落ち込んだりせず、泰然自若としていなさい」という武士道の教えだ。 打たれた相手を思いやり、平常心を忘れない態度は、とても好感が持てた。 イチローがメジャー新記録の、9年連続200安打したときも、やはりそうだった。 日本人にはその姿が向いていると思う。 そういった深い心遣い、気配り、生き様が、きっと世界に広がっていく時代が来ると思う。 残念なことは、これでヤンキースに残留するだろうから、日本で見ることができないことだ。 大リーグで、野球を通じ、日本人の良さを世界にアピールするために松井は生まれてきたのだろうから、我慢しなくてはならないだろう… 大リーグに挑戦して7年、決して順風満帆ではなかった。 ケガに泣かされ辛い思いもしたが「失意泰然」、常に真摯な態度で忍んできた松井に神様がおりてきた。 きのうは、夢を実現した松井に乾杯した。        合掌 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/878-dfc05232

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。