八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/11/26 07:22|未分類TB:0CM:0
人間というものは、一度ぬるま湯につかってしまうと、なかなか抜けられるものではない。 誰だってやっと得たぬくもりを手放したくはない。 いつまでも楽に暮らしたいと思うものだ。 しかし、人生はそんなに甘いものではない。 山あり谷あり、いいときもあれば悪いときもある。 「苦あれば楽あり、楽あれば苦あり」とは、よく言ったものだ。 長い目で見れば、均等になるということなのだろうか… 「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり  沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす おごれる者も久しからず…」 いま、平家物語が心に沁みているのは、日航の職員ではないだろうか。 日航の株価も、一時85円という統合以来の安値になってしまった。 いくらなんでも、もう、ぬるま湯につかってはいられない。 日航OBの年金受給者は、いま何を思っているのだろう… 本人たちからすれば頑張った証なのだから、当然だと思っているだろう。 しかし、国民は、貰っている年金(50万円くらい)は、高すぎると思っている人がほとんどだ。 会社がうまくいっているならば、「お好きにどうぞ…」といったところだが、税金を投入するのなら「ノー」だ。 日航OBの方たちは、死ぬまで入っていたかったぬるま湯から、出なければならない時が来た。 年金がなくなってしまったら、それこそ谷底に陥ってしまう。 お金を持ったままあの世に行けない。 そこそこ生きていければ、良しとしなければならない! それが、人生というものなのか…      合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/887-c29fdf28

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。