八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/09 07:12|未分類TB:0CM:0
開戦記念日のきのう、NHKのクローズアップ現代で、「さまよう兵士たちの日の丸」という番組が放送された。 太平洋戦争に駆り出された若者たちは、家族や近所の人たちが、日の丸の旗に名前や言葉を書いたものを身に付けて戦地に向かった。 その旗には、「武運長久」などのメッセージが書かれてあった。 その日の丸をヘルメットに入れ、命をかけて戦った。 サイパンや硫黄島など玉砕した島には、今でも遺骨や遺品が残っている。 200万人の兵士が亡くなったのだが、115万柱が今でも不明のままだ。 戦場で戦ったアメリカ軍の兵士は、日本兵の遺品を本土へ持ち帰った。 戦後64年、その遺品の日の丸が、米国のオークションで200ドルほどの値段で売り買いされている。 日の丸コレクターなる人が、「自分たちがいるから、日の丸がきれいに保管されている」と言っていたが、何か違和感があった。 その反面、持ち帰った日の丸を返そうと、年間200件の問い合わせがあるそうだ。 しかし、名前が書いてあったり住所が書いてあっても、持ち主が見つからないそうだ。 アメリカ軍の兵士だった人たちも、若い頃は武勇伝として保管していたのだろう。 しかし、年を取り、人の心情や機微がわかってくると返したいと思い始めるのだろうが、遅かった… 番組に出演していた、ネットで日の丸の持ち主を探している方が、見つからない理由を、「日本は本土を空襲され、地上戦が行なわれ、原爆まで落とされた先の大戦を忘れたかった」 「だから、国民は戦争を検証をすることもなく、きっちり向き合っていなかったから、日の丸がさまよっているのでは…」というような分析された。 普天間問題が問われている中、とても重い言葉だった。     合掌 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/896-54d466ff

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。