八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/11 10:11|未分類TB:0CM:0
年賀状の季節、日本郵政公社は12月25日の最終回収までに出せば、元旦に届くようにしてくれるらしい。 来年、政治家から届く年賀状は、中国の胡錦濤主席と握手している写真付き年賀状ではないだろうか。 民主党の小沢幹事長率いる訪中団が、きのうのニュースを賑わした。 議員140人は、胡錦濤主席と一人ひとり握手してもらい、満面の笑みだった。 小沢さんは、昔から中国訪問を続けていて、今回で15回目になるそうだ。 これからのことを考えれば、中国と深い付き合いをしなければならないだろう。 しかし、こんな時代になったから、急に仲良くしようと思っても相手が見透かしてしまう。 「先見の明」と言うが、小沢さんにはその計算が田中角栄さんの時代からあったのではないだろうか。 うがった見方をする人たちは、「小沢さんは自分の権力を誇示する為に、アメリカと普天間の問題で揉めているなか、中国に接近するのはいかがなものか」と言っている。 自分は、前から「小沢さんに一度は首相を…」と言ってきたが、政治家は「先見の明」がなければならない。 中国にこれだけ太いパイプを持つことの意味は、今後現れてくるだろう。 日本再生は、中国にかかっているといっても過言ではないだろう。 ただし、中国との歴史を日本人がしっかりと検証していなければならないだろう。 先日、「日本人は太平洋戦争の悪夢から逃げていて、ちゃんと検証をしていない」と書いたが、中国とも戦争の検証をハッキリさせておくことが大切だろう。 必ず、何かの時にこの問題は出てくると思う。 日本は資源が無い国で、他の国々と仲良くやっていかなければ成り立たない。 これからも、うわべではなく本当の友人として、アジアの人たちと付き合っていく交流をしなければならないだろう。   合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/898-80a6b00d

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。