八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/16 09:56|未分類TB:0CM:0
きょうで鳩山政権が発足して3ヶ月になった。 この3ヶ月はハネムーン期間で、何があっても大目に見てあげる期間だ。 ところが、この期間だというのに、マスコミは「あーだ、こーだ」と民主党や鳩山さんを叩いてきた。 ここにきて、「普天間問題だ」「天皇の特例会見だ」とニュースが続き、鳩山さんは「決められない総理」とレッテルを貼られた。 皆さんは鳩山政権を、どう評価するのだろうか。 自分は、「頑張っている」と評価する。 一番は、何と言っても事業仕分けだろう。 「こんなにも無駄があったのか」と驚くばかりで、これだけでも鳩山政権になって良かった点だ。 そして、中国との関係も大きく進展しているように見える。 これからは、アメリカ一辺倒から、東アジア共同体も大切にしていかなければならない。 その点でも合格点だろう。 自身の献金問題は、皆の妬みを買ったが、国家としての大きな問題ではないので、正しく処理をすればいいと思う。 問題は普天間移設だ。 しかし、よく考えてみると、こんなことで日米関係が壊れるようなら、「今までの親密関係はなんだったのか…」と言いたい。 今まで米国の言い成りにやってきただけで、本当の対等関係に向っての一矢だと思う。 鳩山さんは本当に決められないのだろうか。 辺野古に移設するのは簡単だ。 「ハイそうですか」と言えばいい。 ここで、結論を先延ばしにすることで、「国民がこの問題で、侃侃諤諤意見を述べ、考えて欲しい…」と思っているのではないだろうか。 それを狙っての、鳩山さんの行動だと思いたい。 そろそろ本気で、基地問題に取り組まなければならない時期に来ている。 米国を動かすのは、国民の声だ。 鳩山政権のこれからを、大いに期待する。      合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/901-66084ce6

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。