八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/18 11:41|未分類TB:0CM:0
今朝、6時前だったろうか、地震があって目が覚めてしまった。 今までなら、すぐに飛び起きて、大地震のための身構えをするところだが、きょうは「このまま死んでもいいかな…」と思ってしまった。 とてもショックな出来事だった。 人生に疲れてしまっている自分がいるのだろうか… 最近、やたら「武士道とは死ぬことと見つけたり」という言葉が頭をかすめる。 最近の自分は、命というものに固執していないのだろうか。 赤穂浪士の長老が、吉良のあだ討ちをすることになった時「いい死に場所を与えて下さった」というセリフがある。 若い頃は流して聞いていたが、今はよく解る気がする。 いま、何かの正義があったら、命を投げ出せる自分がいるのではないだろうか。 歳を取ったからそう思うのだろうか… それとも、年老いていく母の姿をまじかで見ているからだろうか… 2009年師走、なんだか重いブログになってしまったが、それでも人は生きていかなくてはならない。 96歳になる弓道の先生を見ていると、人間は気だ気魄だ!と感じる。 辛いことがあるからといって、気が滅入ってしまっては、立ち直ることができくなってしまう。 百年に一度の経済危機は、辛い人を多く生み出している。 今年も3万人を超す自殺者が生まれてしまうだろう。 40歳以上の中高年の方が、全自殺者の約7割という統計もあるが、負け組みになったからといって、このままで終わってはいけない。 アニマル浜口ではないが、気合いだ~気合いだ~気合いだ~! もう一花も、二花も、咲かせようじゃありませんか。 そこで一句  新しい  暦見ながら  気合い入れ    合掌
   
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/903-a7b32a9e

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。