八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/21 08:49|未分類TB:0CM:0
TBSが日曜劇場で超大作『JIN-仁-』を放送した。 『JIN-仁-』は、現在「スーパージャンプ」(集英社)に連載され、圧倒的な人気を誇っている作品だ。 幕末の江戸へタイムスリップしてしまった脳外科医・南方仁が、満足な医療器具も薬もない環境で人々の命を救っていき、その医術を通して坂本龍馬・勝海舟・緒方洪庵ら幕末の英雄たちと交流を深め、いつしか自らも歴史の渦の中に巻き込まれていくという、壮大なストーリーとなっている。 大沢たかおが主役だったが、花魁役の中谷美紀、大沢の助手役の綾瀬はるか、坂本龍馬役の内野聖陽と見事な演技が光っていた。 映像といい、内容といい、演技といい、三拍子そろった素晴らしいドラマだった。 昔から、東芝日曜劇場というタイトルでドラマを作り続けてきた、ドラマのTBS久しぶりのヒット作だったのではないだろうか。 TBSは夕方のザ・ニュースが「打ち切り、小林麻耶ショック!」という記事が出たり、ドラマはテレ朝やフジにおいていかれ、落ち目のTBSというレッテルを貼られていただけに嬉しかったのではないだろうか。 ザニュースは、なかなかいい番組だと思うが、視聴率となると疑問が出てくる。 どこまで我慢できるかと思っていたが、この後どうするのか… TBSは過去、質聴率といって、質と視聴率のバランスを叫んできた。 自分は大賛成と思っていたが、視聴率重視が現実だった。 しかし今回の経済危機で、視聴率が良くてもスポンサーが降りてしまい、「視聴率さえ取れれば…」という風潮が崩れた。 こんな時代だからこそ、本物の番組を作ることが問われているのだと思う。     合掌 
 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/904-649c68a4

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。