八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/05 06:38|未分類TB:0CM:0
2010年、きのうが仕事始めの人が多かったのではないだろうか。 自分はきょう、静岡で仕事始めだ。 百年に一度の経済危機は、今年も暗い影を落とすのだろうか。 鳩山さんは「景気が二番底になってはいけない。一刻も早く2009年度2次補正予算を成立させて、国民の暮らしで少しでも豊かさを感じていけるようにしたい」と述べた。 21世紀は「本物の時代」なのだから、目先のお金に一喜一憂してはいけない。 金融危機の原因の一つは利益至上主義で、「すべては利益のため」という考え方だった。 しかし、これからは利益も大切だが、それだけではなく社会からの尊敬働く人のやりがい、誇りが問われる。 日本は少子化で内需には限界がある。 だから、世界に目を向けたグローバルな考えが必要になる。 特に日本の企業は、中国をはじめアジアの国々にも進出していかなくてはならないだろう。 その際、発展途上国から儲けようという考えは改め、日本の善さをよく知ってもらい、尊敬されることを考えた方がいい。 そうすれば必ず、その国が発展した暁には日本に大きな利益をもたらす。 ダノンという会社はアジアの最貧国バングラディシュで、亜鉛やビタミンなど体に必要な栄養素の入ったヨーグルトを、日本円で8円で売っている。 今は利益が出ていないが、来年には単年の黒字を目指している。 ダノンがバングラディシュに投資したお金は、約26億円になるそうだ。 投資に見合う利益は期待できないが「食を通して世界の人々に貢献する」とダノンは言っている。 インドではオランダのフィリップモリスが格安のコンロを売り、ケニアではスウェーデンのエリクソンが、自然エネルギーを利用した通信基地をつくるそうだ。 これからの日本の企業は、そのことにどう適応していくかが鍵だろう。     合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/911-532b4fe8

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。