八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/06 09:56|未分類TB:0CM:0
寅年になって5日目のきのう、寅年にぴったりの「身も心もあったまる食材」を取材した。 寅年にぴったりの食材といえば、そう、「トラフグ」だ。 トラフグといえば下関と考えがちだが、太平洋や日本海、いたる所で獲れるのをご存知だろうか。 東北で取材していた頃、秋田で獲れる天然のトラフグの店を取材したことがあった。 「秋田でフグ?」と、食べる前はバカにしていたのだが、どうしてどうして、味は天下一品だった。 まさに下関でいただいたフグと遜色ないのだ。 それもそのはず、日本にはいたる所にトラフグがいるのだから。 しかし、秋田ではフグを食べる習慣が薄く、限られた店でしか食べられていない。 下関に持っていけば高値になるので、ほとんどのフグは輸送されてしまう。 何ともったいないことだろうと記憶していた。 その思いが、再び静岡でよみがえるとは思わなかった。 きのう取材した店はサッカーの「ジュビロ磐田」のお膝元、磐田市福田(ふくで)の「魚時」という店だった。 ここの天然のトラフグは県内では有名らしく、色々な著名人のサインが掲げられてあった。 遠州灘に揉まれた天然のトラフグは、濃厚な甘みと歯ごたえがあって唸ってしまった。 養殖のフグ刺しはリーズナブルでいいのだが、ポン酢の味しかしない。 正月に養殖のフグ刺しを食べていたので、天然との違いがとてもよく判った。 鍋でいただくと、その違いが更に判る。 煮汁が調味料を入れなくても濃厚でとても旨い。 最後の雑炊は、3杯は軽くいける美味しさだ。 この店では天然のトラフグが、刺身・から揚げ・天ぷら・鍋・雑炊・フルーツにヒレ酒が1杯ついて1万5百円という安さにだ。 今年は天然ものが全国的に3割くらい安いそうなので、不況の今を天然のトラフグで吹き飛ばしては如何だろうか… 「こいつは春から縁起がいいわい!」    合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/912-f7f2a355

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。