八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/17 08:58|未分類TB:0CM:0
バンクーバーオリンピック、スピードスケート男子500メートルで、長島圭一郎選手が銀メダル加藤条治選手が銅メダルを獲得した。 今大会初のメダルは、ダブルでの受賞だった。 二人とも「金メダルではなかったのが残念だ!」と言っていた。 特に加藤選手は、「今回はオリンピックに照準を合わせて調整してきて、ピークに合わせることができたので、銅メダルは残念だ!」とコメントした。 オリンピックは、コンディションをピークにもっていけた人だけが、金メダルを取ることができる。 でも、そんな事は、みんな知っているだろう… ならば、みんなコンディションをピークにもっていけた場合は、何が違えば金メダルを取れるのだろうか… フィギュアスケート・ペアで頑張った、川口悠子、アレクサンドル・スミルノフペアも、コンディションは良かったが、4位に終わった。 ロシアに帰化してまで頑張った川口選手には、ぜひ金メダルを取ってほしいと思っていた。 そうすれば、ロシアとの親善大使として、日本に大きな国益をもたらしただろう。 決勝の演技は、力が入り過ぎてしまったのか、ミスが多かった。 金メダルを取るという事は、とても難しい。 長野でスピードスケート500メートル金メダリストの清水宏保選手が、興味深いことを言っていた。 それによると、オリンピックは特別なもので、どうしても気合いが入り過ぎてしまうらしい。 気合いが入り過ぎると硬くなるので、いい結果が出ない。 だから、少しの余裕を持つことが大切だと言うのだ。 さすがに金メダリスト、深いことを言う。 あしたのフィギア男子の人たちには、とても参考になる話だろう。 金メダルを取る人は、コンディションがピークで、楽しむ余裕を持てた人… 真央ちゃんには、楽しんでトリプルアクセルを飛んで欲しいものだ。     合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/941-9e30d9ca

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。