八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/19 09:12|未分類TB:0CM:0
今からちょうど30年前、自分がまだ「モーニングショー」に出る前年の夏、大阪の中座に出演していた。 芝居のタイトルは忘れてしまったが、藤田まことさん主演の特攻隊回天の物語だった。 藤田さんは白木みのるさんと一緒に回天の整備士役をされていた。 自分は特攻隊長の役で、藤田さんたちに「靖国神社で待ってるぞ!」というセリフを言って去って行く役だった。 死にに行く特攻隊を見送る整備士の心の葛藤を見事に演じられていた。 休みの日は、藤田さんが監督をするチームで草野球をやったりした。 藤田さんの人柄を感じる、とても家族的な雰囲気の座組だった。 宝塚出身の大原ますみさんが、特攻する兄にぼた餅を差し入れに来るのだが、そのおこぼれを藤田さんはもらって毎回食べるシィーンがあった。 藤田さんが「毎回あんこたっぷりのぼた餅を食べるのはきつい」と言っていたのを聞いた大原さんは、藤田さんのために焼きオニギリを作ることにした。 宝塚出身の大原さんは料理をしたことがなく、自分に焼きオニギリの作り方を聞いてきた。 オニギリを俵型にして、醤油を塗りながら焼くことを教えた。 楽屋には、焼きオニギリの香ばしい匂いが立ち込めた。 藤田さんは舞台の上で「妹さんの心のこもったぼた餅はうまいな~涙が出ます!」と、アドリブで喜んだ。 ところがある日、「いつもと違う匂いがするな~」と思っていたら、舞台の藤田さんが「きょうのぼた餅は、ソースの味がするであります!」と泣き笑いしていた。 戻ってきた大原さんに「何をしたんですか?」と聞いたら、「醤油がきれちゃったんでソースを塗ったの?いけなかったかしら…」と、あっけらかんに話した。 このエピソードは後に長く語られた。 その後、藤田さんには「必殺シリーズ」のゲストとして呼んでいただいたりしたが、「モーニングショー」に出演するようになって見る側に回ってしまった。  藤田さんのご冥福を心よりお祈りしてやまない…    合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/943-e6d44fc1

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。