八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/14 09:05|未分類TB:0CM:0
エンゼルスの松井秀喜が、ニューヨークのヤンキース・スタジアムに凱旋した。 ファンは総立ちで、7年間縦じまのユニフォームで活躍した松井を歓迎してくれた。 それだけでも嬉しいのに、試合前にあった昨年ワールドチャンピオンになったリングの授与式で、松井だけが赤いユニフォームで参加した。 Aロッドはじめ、ヤンキースのメンバーは次々にリングを授与され、最後にリングを授与されたのはジーターだった。 そして、その後に昨年のワールドシリーズでMVPを獲得したエンゼルスの松井秀喜がコールされると、球場中が総立ちになり、松井に惜しみない拍手を贈った。 赤いユニフォームでリングを貰った松井に、ヤンキースのメンバーが走り寄り、7年間一緒にやってきた松井に握手を求めてきた。 日本人として何とも嬉しく誇らしい光景だった。 思えばヤンキースに入った頃、なかなか打てずに「ゴロキング」と揶揄され、オーナーに「こんな選手を取った覚えは無い」とまで言われた。 それでも松井はインタビューに真摯に答え、もくもくと練習に励んだ。 そして、どんな時にもチームバッティングに徹する姿勢は、ナインに大きな影響を与えた。 よく品格と言われるが、ヤンキースのメンバーは松井の品格に惚れ込んだのだ。 国や言葉は違っても、人間の心は世界共通なのだろう。 ヤンキースのショップには、今でも55番の松井のユニフォーム売られている。 きょうもヤンキース対エンゼルスの試合が行なわれている。 久しぶりにヤンキースのメンバーを見たが、日本人の観光客は減ってしまったのではないだろうか。 トレードしたことを後悔するような活躍を松井には期待したい。    合掌  
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/980-13336b7e

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。