八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/26 09:31|未分類TB:0CM:0
やっぱりというか、何というか、民主党の目玉マニュフェストだった子ども手当てに、問題点がでてきた。 子ども手当は、海外に子どもを残してきた外国人も対象としている。 「年2回以上面会している」「4か月に1度は生活費を送金している」ということなどが条件とされているが、人数制限は設けていなかった。 「じゃあ、一夫多妻制の国や、たくさんの子どもを養子縁組していたらどうするの?」と心配する声が上がっていた。 そんな中、兵庫県尼崎市の韓国人男性が、タイで養子縁組したとする554人の子ども手当(年約8600万円)を市に申請しようとした。 市は受理しなかったが、「法律上はどうなのか」あいまいな気がする。 自分はこのブログでも何度も言ってきたが、お金をばら撒くというのがいただけない。 こんな問題が出てくることは目に見えていた。 逆に、目に見えないところでは、子ども手当てを貰っても子どものために使わず、ギャンブルに使ってしまう親もいるだろう。 本当に子どものためになる手当てを考えるべきだ。 自分は民主党議員関係者に、「お金を配る子ども手当てはやめて、公立の高校までの授業料無償化」を訴えた。 これなら、親がお金を使おうと思っても使えないし、お金を払えなくて高校を退学しなくてはならない子どもも減るだろう。 子どもたちの本分は、勉強をして世の中の役にたつ人間になれるよう切磋琢磨することだ。 お金があるとか無いとかで、学問を受ける環境が差別されてしまってはいけない。 今からでも遅くは無いと思うので、子ども手当てを見直して、早く「公立の高校までの授業料の無償化」など、子どものためになる制度を確立してもらいたい。 今となっては、大変なことなのだが…     合掌 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/988-8e90d960

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。