八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/29 07:35|未分類TB:0CM:0
鳩山さんはきのう、鹿児島県・徳之島出身で島に強い影響力を持つ旧自由連合代表、徳田虎雄元衆院議員と都内で会談し、米軍普天間飛行場の移設問題で徳之島へのヘリ部隊移転に協力を求めた。 会談に同席した徳田氏の二男、毅衆院議員(自民党)によると、首相が「基地受け入れ」に協力を要請したのに対し、徳田氏は「基地は受け入れられない」と拒否したようだ。 鳩山さんの腹案というのは、やはり徳之島だったのだろうか… しかし、ニュースでも出ていたが、いくら徳之島の重鎮かもしれないが、徳田氏の状態を見ていると「訪ねるのは今じゃないだろう…」と思えてしまう。 徳田氏は特殊な車椅子に乗り、ロボットのような状態で話もできなかった。 字が書かれた物を目で追って、見た所を言葉に訳すといった、複雑な作業で会談をしたようだ。 あのような状態だったら普通は会談などしないだろうが、よっぽど切羽詰っていたという事か。 徳田氏は、全国の徳州会病院を確立した風雲児であるが、保徳戦争で島を二分させてしまった責任は大きい。 人の人生を変えてしまったのだから、修行をさせられているように見えてしまった。 徳田氏は、基地受け入れを拒否したようだが、もう一度考え直し、最後の奉公と思って基地受け入れに尽力しては如何だろうか。 自分は「徳之島は米軍の基地を受け入れた方がいい」と、このブログで書かせてもらった。 今からでも遅くはないと思う。 鳩山さんが辞めようが辞めまいが、日本の何処かが米軍基地を受け入れなければ普天間問題は解決しない。 沖縄に手を差しのべ、島の振興も考え、徳之島が日本を救うという大きな決断は、これが最後のチャンスだ。    合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/991-4502e81a

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。